ボタン画像メール

EXHIBITION   Back to ARTIST DATA


阿 部紗也可
Sayaka Abe

-hug- 

2010年3月の展示より

阿 部紗也可の彫刻作品は、様々なものに例えることができる。例えば、植物の種子が発芽したもののように見える

作 品もあれば、ゆっくりと進むかたつむりのように見えるものもある。或いは、まだ人間の形を成してない胎児のようにも思える。それらはすべてしなやかな曲線 で形成され、女性らしい優しさに満ちた丸みが私たちに心地よい安らぎを与えてくれる。

阿部は一貫して「生命」にこだわり、生きること、生きるもの、 それらが起こす奇跡・・・そういったことを常に考えながら制作しているという。彼女の初個展となる今回は、わが子を抱きしめ包み込む母の愛のように、命を 育むことがテーマである。彼女が作品に込めた生命が、見るものを抱きしめ包み込んでくれるのだ。

略歴

1982 群 馬県に生まれる

2002 東 京造形大学入学 造形学部美術学科彫刻専攻

2003  「群馬県展」 県教育振興会賞受賞

2004  「群馬県展」 55回記念賞受賞

2005「群 馬県展」

    「第 22回天展 天理ビエンナーレ 2005」

    国際 瀧富士美術賞受賞

 

2006 東 京造形大学卒業

    二人 展「しぜんたいvol.1」 (銀座・画廊るたん)

2007 中 之条ビエンナーレ (群馬県中之条町)

2008 二 人展「しぜんたいvol.2(軽 井沢・KIGIギャラリー)

2009 「M-STUDIO2」 (高崎・シティギャラリー)


    『梟 ~四人のかたち~』 (銀座・小野 画廊Ⅱ