ボタン画像メール

ARTIST DATA   Back to ARTIST DATA top

リチャード アンセル展
「クラシックバタフライズ」

2007年10月21日(日)〜11月3日(土)会期中無休
12:00pm-7:00pm (最終日5:00pmまで)

パート1 朝日新聞の航空機たち 1919-1933
2007年10月21日(日)〜27日(土)

戦前に朝日新聞や東西定期航空会が使ったさまざまな連絡機のイラストや、
めずらしい朝日新聞の中島式五型の5面図などをご覧下さい。

パート2 中島の航空機たち 1919-1933
2007年10月28日(日)〜11月3日(土)

戦前に陸海軍や民間で使われたさまざまな中島製航空機のイラストや、
めずらしい中島式四型、五型、六型の5面図、また中島が生産したヨーロッパ生まれの航空機の図面などをご覧下さい。

日本で初めて飛行機が飛んだのは1910年のことです。今回は、その初飛行から1935年までに日本の空を飛行したクラシックバタフラ イズを描きました。パート1,2と分けて2種類の展示をいたします。展示作品はCGで精密に描いた飛行機で、1:72 - 1:48 スケールのカラー5面図や1:28 側面図、絵葉書、カレンダーなどです。「クラシックバタフライズ」の世界を通して、空にかけた当時の人々の思いや、飛行機の歴史を感じ、そして楽しんでい ただければと思います。

プロフィール 

1948年生まれ。航空エンジニアとして学んだ後、芸術大学でファインアートを学び、美術 教育に携わる。海外協力隊を
経て1981年来日。
作品は英国の専門誌
Cross & Cockade International Journal (UK)(The First World War Aviation Historical Society)
Over the Front (USA) ( The Journal of the League of World War 1 Aviation Historians)
に掲載中。


黎明期の航空機(1910-1935)の絵はがきセット
(機種毎に5種類の塗装図が入っています)
めずらしい黎明期の日本機の特別セットもあります。


  
リチャード・アンセルのデザインによるミニカレンダー
欧州ビジネス協会 航空宇宙防衛委員会


The Butterflies of World War One
http://www.thebutterfliesofworldwarone.com