ボタン画像メール




ARTIST DATA   Back to ARTIST DATA top

土屋範人

2007年の個展解説より

ギャラリー舫では2年ぶりの土屋範人展を開催します。身近にあり平面的で強い力を持つロゴや標識などから「形」のみを取り出し、分解し て再構成する「sign」シリーズです。日本画の岩絵の具と発泡樹脂の出会いはかねてから作家が追求してきた空間構成の理想に近づく為の過程でした。半透 明な背景部分と不透明で単一色の形部分に画面を2極化することにより、平面作品としてより純粋な表現方法を模索しています。形の周りにわずかに現れる彩度 の高い透明色により「形」を色彩豊かに強調。半透明な背景と「形」の輪郭には不規則なボカシ、そして中心を避けた構図は画面の外にまで意識を広げます。

技法:ロゴや標識の「形」をパソコンに取り込み加工して下図を作る。
下図から型紙を作り、熱により発泡樹脂に凹みを作り、あらかじめ染めた和紙を張り込む。凹部分に色材を埋め込みスキージングにより「形」の輪郭を出す。 色、透明度の異なる色材を数回スキージングすることにより輪郭の色調に微妙な変化を与える。

2005年の個展解説より

「土屋範人展」 Norihito Tsuchiya Exhibition
東京芸術大学日本画出身の土屋は灰や墨、和紙のような伝統的な技法を用いながらも、コピーやアクリル素材などを取り込んで抽象表現で制作しつづけていま す。2004年の個展では和紙とスタイロフォームという断熱材を利用して新たな世界をつくり出しました。その表現は空間の奥行きを感じさせる技術と美しさ が融合しています。常に現代を意識しながら、材料の持つ歴史の重みと崇高さをも感じさせる試みを展示します。常に現代を意識しながら歴史の重みと崇高さを も感じさせる試みを展示します。

《作者の言葉》

平面的な形と単一の色を使って表現を続けています。無駄を省いた単純明快な絵作りをすることにより、視覚から直接感性にうったえかける ような、より純粋な平面作品を追求します。今年は支持体に透過性のある薄い和紙を用い、形と背景の差別化を試みる新作15点を発表しまた。

プロフィール 

1965年 愛知県名古屋市生まれ
1984年 愛知県立旭ヶ丘高等学校美術科卒
1989年 東京芸術大学日本画科卒業
1990年 イタリア、フランス遊学

1999年〜千葉工業大学非常勤講師(建築都市環境学科)
2000年〜アトリエ・PAW開設
2006年〜阿伎留医療センター「光の回廊」のための壁面オブジェ制作

〈グループ展〉

1992年 二人展〈ギャラリー古川,銀座)
゛I″展(安田火災ライフプラザギャラリー,池袋)
以後‘95年まで出品
1994年 春季創画展(日本橋高島屋)
「壁の領域」三人展(ギャラリー美遊、神田)
1995年 「plants]二人展(ギャラリーアリエス、京橋)
「壁・空間・調和」三人展(ギャラリー美遊、神田)

1996年 「piece of art」展(ギャラリー美遊、神田)
「emit」展(東京芸術劇場展示ギャラリー、池袋)

1999年 第1回池田満寿夫記念芸術賞展 優秀賞
第1回トリエンナーレ豊橋 賞候補(豊橋市美術館)
以降2002、2005年連続出品
2000年 「和紙-12の様相」(ギャラリーフレスカ、新宿)

2005年 ギャラリー山下10周年記念展(ギャラリー山下、錦糸町)

2006年 CONTEMPORARY ART -和紙 その多様な表現-(銀座井上画廊、銀座)
2007年 「ART HERE NOW」展(湘南台・神奈川)
「KIAF」アートフェア(韓国・ソウル)

〈個  展〉

1996年 ギャラリー美遊(神田・東京)
1997年 ギャラリー美遊(神田・東京)
1998年 ギャラリー山下(錦糸町・東京)
ギャラリー流儀(田町・東京)
1999年 ギャラリー流儀(田町・東京)
2000年 ギャラリー山下(錦糸町・東京)
2002年 ギャラリー舫(銀座・東京)
2003年 湘南台画廊(湘南台・神奈川)
2005年 ギャラリー舫(銀座・東京)
ギャラリーC_Square(大阪)
湘南台画廊(湘南台・神奈川)
2007年 湘南台画廊(湘南台・神奈川)
ギャラリー舫(銀座)

パブリックコレクション

阿伎留医療センター

現在 無所属 現代美術作家